街コン合コンランキング

第1位 街コンMAP

席をくじ引きで決める「くじ引きコン」という独自スタイルが好評の街コンMAP。食べ放題飲み放題付きの完全着席スタイルでワイワイ知り合えるのが魅力的。日本全国各地で平日夜から週末まで毎日いろんな合コンが開催されます。すぐには結婚という形にならないかもしれませんが、いろんな人と楽しく食事しながら知り合うにはベストではないでしょうか。

第2位 えくる

ミクシィグル―プ主催の街コン「えくる」。各店舗スタッフによる強制席替えシステムを採用しており、座っているだけで最大12名と出会える形になっています。20代限定、30代限定、年上彼氏、身長制限などギュッと絞ったタイプの街コンに参加することによって希望した相手との出会いが可能となります。埼玉、東京、神奈川、岐阜、愛知、大阪など大型都市が中心となっています。

 

第3位 Rush ラッシュ

IBJが運営している合コン・街コンサービス「ラッシュ」。毎月約8000名が新規登録しているので新しい出会いを求める人にはピッタリです。男性の登録では公務員、会社経営、医師、弁護士などが多く役員等の管理職の登録者も多くいます。一方、女性の登録は看護師や保育士が多く、年齢・収入・趣味・職業などいろいろな条件のイベント企画があります。

結婚しろとうるさい親をピタッと黙らせる有効な手段とは

結婚しろとうるさいのは親心

親にとっては、自分の子どもがいつまでも結婚しないと心配なものです。
親にとっては子どもは何歳になっても可愛い子どもですし、どんどん老いていく自分たちが子どもだけを残して逝ってしまうのは心もとないため、自分たちが元気なうちにせめて結婚をして子どもを作り、幸せな家庭を築いてほしいと願っているのです。
結婚しろとうるさい親は、今すぐに結婚する気がない人にとっては鬱陶しいものですが、そうした親の気持ちを考えて、あまり邪険にしないことも親孝行なのかもしれません。

両親を黙らせるにはどうする?

結婚しろとうるさい親をぴたりと黙らせるためには、いくつかの有効な方法があります。
例えば、「両親のように素敵な家庭を作りたいと思っていて、その相手を探しているけれどハードルが高すぎてなかなか見つからない」と両親の気持ちをくすぐるようなことを言えば、真剣に結婚相手を探していることが伝わりますから両親もうるさく言うのをやめてくれるでしょう。
また、「自分にはやりたい夢や目標があり、今はそれを優先して頑張りたいから結婚はまだ考えていない」など、ポジティブな理由で結婚しないというのも両親を黙らせることができます。
もしも具体的な人生設計を持っていて、今すぐではなくても何歳までには結婚しようと考えているという計画があるなら、それを両親に告げて理解してもらう方法も良いでしょう。
心配からくる「結婚はまだなの?」なので、きちんと説明して理解安心してもらえれば、うるさく言わなくなるはずです。

ネガティブな事は言わない

うるさい両親を黙らせるためには、あまり結婚に対して否定的な事は言わないほうが賢明です。
結婚したいのに相手が見つからないとか、婚期を逃したから難しいなどネガティブな理由では、両親を心配させてしまうだけです。
黙らせるどころか、心配させればもっとうるさくなることは目に見えているので、今度はお見合い相手を持ってくるかもしれません。また、結婚しない理由が「両親のような夫婦になるのが怖いから」など、たとえそれが本当の理由だとしても、両親の気持ちを傷つけるような発言をするのもNGです。
どんな両親でも、子どもに対する愛情は変わりませんし、与えられた環境の中で精いっぱい子どもの幸せを願って頑張ってきたはずです。
両親に対して感謝の言葉を述べても、気持ちを傷つけてしまうような発言は控えるようにしましょう。

友達の結婚式に出るとなぜ寂しくなるのか

取り残されてしまった感じ

友達が自分よりも先に結婚してしまうと、自分の周りから独身の友人が一人減ることになります。独身の頃には仕事帰りや週末によく一緒に過ごしていた友人でも、結婚すると家庭を持つことになるわけですから、独身の頃と同じように友人とばかり過ごせるわけではありません。
自分の友人が一人、また一人と結婚してしまうと、週末や仕事の後に一緒に楽しく過ごせる人がどんどん少なくなってしまうということなので、やはり寂しい感じになってしまうのは仕方ないかもしれませんね。
友達の結婚式に出席しても、友達の中で最初の一人ならそれほど寂しい気持ちにはならないでしょう。しかし、自分を残して全員が既婚者になってしまう場合には、かなり寂しくて、自分も早く結婚しなければ、と焦りを感じることも多いようです。

孤独を感じるから

独身の時には一人と言う単位で物事を考えればよかったわけですが、結婚すると、一人ではなく二人と言う単位で何事も考えなければいけません。
休日の過ごし方でも、自分一人が楽しければよいというわけではなく、パートナーのことも考えながら、家事などとのバランスも考えて時間の過ごし方を決めることになります。
そうすると、自然と独身時代の友人たちと会う時間や機会が少なくなってしまう事でしょう。
独身の人にとっては、それは仕方ない事だと分かっていても、友達が自分のそばを離れていったような気がしますし、少なからず孤独感を感じてしまう事もあるようです。
孤独とは寂しいものなのです。

寂しくならないためにはどうすればよいのか?

自分自身の人生設計がきちんとできておらず、漠然と「そのうちステキな人と結婚したいな」と考えている人は、友達の結婚式に出席するたびに寂しい気持ちになってしまいます。しかし、自分は何歳までに結婚したいと考えていて、それまではこんなことをこんな風に頑張りたい、と具体的な夢や計画を持っている人なら、友人が結婚したからと言ってそれで自分が寂しくてたまらなくなってしまう事にはなりにくいものです。
それは、自分自身の人生設計がきちんと決まっているからです。友達の結婚式に出席するたびに寂しくなるからできることなら出席したくないと考えている人は、自分の人生設計をより具体的に作ってみて、それを実現するために積極的に行動してみると良いでしょう。
結婚式に出席した時にも、見方や考え方が変わるはずです。

お見合いパーティーランキング

第1位 PARTY☆PARTY

複数の婚活サービスを運営するIBJが主催しており、会員数が約2万人、月間動員数約5000人以上が活動していることもあって人気も高い。パーティー開始前には本人確認が徹底されているので安心して参加できます。多彩なジャンルや年収、職業などこだわり条件のパーティーが毎日開催されているので、空き状況を確認し、サイトですぐに申し込みできるので当日参加もできます。

第2位 エクシオ

エクシオは全国47都道府県で毎日パーティーを開催しており、他の婚活パーティー業者よりも地方での開催に特に力を入れています。入会金は不要でパーティ料金は参加しやすいお手軽価格。パーティー内容としては、個室パーティーや大人数パーティー、野球観戦やクルージング、クッキングなどがあります。参加には本人確認書類の呈示が必要で、個人情報は一切非公開だから安心して参加できます。

第3位 クラブチャティオ

ツヴァイがプロデュースするお見合いカップリングパーティー。開催地は都心や大型都市が中心となっておりますが、結婚相談所がプロデュースしているためか結婚に前向きで真剣な参加者が多いという特徴があります。婚活セミナーを定期的に開催しており、印象アップや服装ポイントなどを教えてくれるため、パーティー参加前にセミナーに参加してみるのも有効ですね。

第4位 OTOCON(おとコン)

おとなの婚活パーティーというコンセプトのおとコン。恋人が欲しいというよりも結婚したい人のみがパーティーに参加しているのです。 なので、最終的に結婚というゴールを定めた企画[1年以内に結婚したい方限定]などが多数あります。男女比もバランスよく開催されており、特に喜ばれているのは、一対一で話せる時間が6~7分と充分にあること。自分のことや相手の印象をしっかりと刻むことができます。

友達の結婚から学ぶ 結婚相手に求める最低限の人間性

恋愛と結婚は違う

恋愛期間中にはとてもお似合いのカップルだった友人でも、結婚した後にはなんとなく幸せそうでなかったり、話をすれば愚痴しか出てこないなんてことは意外と多いものです。これは、結婚相手を決める時に最低限の人間性や性格、人柄をしっかりチェックしなかったことが原因となっています。
恋愛関係の延長に結婚があることは素晴らしいですが、恋愛では最高の相手でも、実際に結婚してみると「釣った魚にエサをやらない」タイプの男性だったり、「あきれるほどに亭主関白」な男性だったりして、結婚生活がうまくいかないことは多いのです。
結婚相手を選ぶ際には長い結婚生活を自分の頭の中でシミュレーションし、家事や育児などのことも考えながら、自分自身をより理解してくれてハッピーになれそうな相手を選びたいものです。

最低限の思いやりは必要

長い結婚生活では、体調を崩したり、一人ではどうにもできないことなども起こることでしょう。そんな時、「自分の問題は自分で片付けろ」的な態度を取られてしまうと、百年の恋もいっぺんに冷めてしまうものです。
幸せな結婚生活をするためには、最低限の思いやりや優しさを持っている男性をしっかりと選ぶ必要があります。
体調を崩して夕食が作れず、パートナーに電話をして「夕食が作れない」と告げたら、早めに帰宅して夕食を作ってくれるような男性を選びたいですね。自分一人のお弁当だけをコンビニで買ってくるような男性とは、先が思いやられてしまいます。

包容力は温かい家庭を作るカギ

包容力のある男性とそうでない男性とでは、結婚した後の家庭の温かさが大きく変わってきます。
見た目がどんなに素敵でセクシーな男性でも、包容力がなく自己中心的な考え方だったり、共働きなのに家事はすべて女性の仕事だと思っているような人とでは、遅かれ早かれ家庭に隙間風が吹いてしまう事でしょう。
ありのままの自分を受け入れてくれて、優しく包み込んでくれるような男性なら、幸せな結婚生活をおくれそうです。

寛容な男性がおすすめ

細かい事をいつまでもネチネチ言うような男性と結婚すると、妻の方がストレスまみれになってしまうものです。
共働きの場合には、忙しければ夕食を作れなくても簡単なもので済ませたり、週に1度しか掃除ができなくても文句を言わないような寛容な男性を選んだほうが、女性にとってはストレスの少ない結婚生活ができるでしょう。
結婚生活は毎日の日常生活の延長ですから、寛容な人の方が長続きしやすいものです。

婚期をのがした女にならないために 守っておきたい鉄則とは

男は顔じゃない

婚期を逃す女性に多く共通する特徴はいくつかありますが、その一つに、自分にとって完璧で理想的な相手を探し続けているために相手がまったく見つからないという点があげられます。
もちろん、自分の理想をすべて満たしてくれる異性と出会うことができればそれに越したことはありませんが、現実はそんなに甘くはありません。
性格は相性ピッタリなのに顔がイマイチだから嫌だとか、イケメンじゃなければ一緒に歩きたくないとか外見ばかりにこだわっていると、婚期が遠のいてしまうだけでなく、気が付いたら結婚適齢期を超えてしまっていたなんてことにもなりかねません。
異性を見る時には、顔だけでなく性格や人柄など、内側の部分をしっかり見て結婚相手を探すことが大切です。

女子力を磨きすぎない

女子力が高い女性は、同じ女性にとっては理想的で素敵な人と言うステータスでも、男性にとっては「お金がかかりそう」「近寄りがたい」と言う印象を与えてしまう事が多いものです。
男性に隙を与えないほど女子力を磨きすぎたり、習い事でアフターファイブが充実しすぎていると、忙しすぎて根気も逃がしてしまう事になりかねませんので注意しましょう。
男性にモテるのは、自然体で守ってあげたくなるような女性なのです。

人生設計を具体的に立てる

婚期を逃したくないと漠然と考えていても、具体的に自分が何歳までに結婚したいのかはっきり数字で考えているのといないのとでは、具体的に行動に起こすエネルギーが変わってくるものです。例えば30歳までに結婚したいと考えているなら、交際期間なども含めると、28歳ぐらいからは真剣に婚活をしなければ間に合わなくなってしまいます。
人生設計を立てる時には、より具体的な方が現実味がありますし、実際に行動も起こしやすくなるものです。

周りに流されない

婚期は、その人のライフスタイルによって異なります。周りが皆結婚しているから自分もしなければ、と焦っても、本心ではまだ結婚したくないと思っているのでは、結婚相手が見つかるはずがありません。
自分にとっての婚期は自分が一番分かっているものですから、周りが結婚ブームでも流されることなく、自分にとってベストな婚期で結婚相手を見つけたいものです。
また、異性と出会った時にも、周りが「この人にしなさいよ!」「もうそろそろ決めたら?」なんて騒ぐこともありますが、周りの声に流されず、自分自身の声をしっかり聞きながら判断するようにしましょう。

結婚相談所ランキング

第1位 ZWEI(ツヴァイ)

イオングループが運営しているツヴァイでは価値観マッチングという独自のシステムによってお互いの価値観から相手を探し出せる強みがあります。紹介されるお見合いと並び、年間2000回以上開催しているパーティーは気軽に参加できるので人気となっています。入会前には無料のコンサルティングも受けられるので安心ですね。

第2位 パートナーエージェント

アラサー世代や30代の会員が多数活動中しているパートナーエージェイトは専任コンシェルジェが付き一年以内の成婚率は60%という実績です。結婚相談所としてそれなりの活動費用を払っているため、経済力を持ち合わせている人が多く年収が高めな会員が全体の50%を占めているのも特徴的。本気で結婚相手を探し1年以内に退会する人がたくさんいます。

第3位 楽天オーネット

楽天グループが運営する結婚相談所。CMや雑誌などで多数取り上げられており、業界最大クラスの会員数を持ち、会員の数が単純に多いだけではなく、「会員の質も高いので成婚者数が多い」と言われています。200以上の詳細な条件で、マッチした相手を見つける事が特徴とされており、また、マッチング以外にも、出会いを目的としたパーティーやイベントを年間2500回以上も開催していています。

第4位 ブライダルネット

東証一部上場企業の株式会社IBJが運営する、実績15年を持つ婚活サイト。結婚相談所と同等な手厚いサービスが月額3000円程度で受けられます。SNSの機能を使い、日記を書いたり相手の日記にコメントすることを通じて、自然な形で出会えるように設計されているのが特徴となり、また、写真掲載率70%以上という点も大きなメリットです。

第5位 NOZZE(ノッツェ)

特徴は会員専用サイト「結婚ナビ」で24時間いつでもお相手検索ができることと検索方法が豊富なこと。お相手の話し方や雰囲気を動画でチェックできるという部分も他の結婚相談所にはない強みとなっています。多彩なパーティーやイベントも魅力的で、オリジナリティーにあふれた企画を多く開催しており、積極的に利用すれば出会いのチャンスにも大いに繋がっていきます。

 

 

あせらないで!婚期をしっかりつかむ7つの特徴

計画はより具体的に

婚期をしっかりつかむためには、具体的にいつまでに結婚したいのか目標を定めて、どんな風に異性と出会いたいのか、どんな人と出会いたいのかを考えていくことから始めましょう。
結婚する気があっても、具体的に行動できない人はなかなか素敵な出会いができませんし、出会っても結婚相手としては考えられない相手だったりするかもしれません。

勢いに任せない

婚期を逃したくないと焦ってしまうと、とりあえず意気投合したところで勢いに任せてそのまま関係を持ってしまう事にもなりかねません。
勢いに任せてしまうと、長く続く可能性がある異性とでもワンナイトで終わってしまう事になりかねないので注意しましょう。

積極的に出会いの場に行く

婚活サイトに登録したり、お見合いパーティに行ったり、異性と出会える場所にはどんどん積極的に足を運びましょう。どこにどんな出会いがあるか分からないものです。
モジモジしていたのでは、ステキな出会いも見逃してしまうかもしれません。

結婚前提の相手なのか

素敵な出会いを果たしても、相手に結婚の意志がなければ結婚することはできません。いいなと思う異性を見つけたら、会話の中で結婚前提なのかどうかを探ることも、婚期を逃さずに確実につかむためには必要です。

フレキシブルさも必要

婚期を確実につかみたい人の中には、自分の中で結婚までの計画がすでに確立していて、その通りに進みたいと考える人は少なくありません。しかし、結婚は相手がいて初めて成り立つものですから、相手の事情に合わせてフレキシブルに対応できることも必要です。

結婚はゴールではない

男女の恋愛は、結婚することがゴール地点ではありません。結婚はスタート地点、そこから長い結婚生活が始まるのです。結婚と言う通過点にこだわりすぎてしまうと、相手とのすれ違いや意見の食い違いなどで思わぬ事態を引き起こしかねませんから注意しましょう。
特に式場選びや新居選びは、二人がどちらも満足できるところを選びたいものです。

相手選びは大切

恋愛するのに理想的な男性と、結婚するのに理想的な男性のタイプは異なるものです。恋愛感情だけで結婚生活が成り立つわけではありませんし、性格や生活習慣、クセや価値観など、様々な要素が結婚生活に影響します。
結婚相手を選ぶ際には、結婚後の生活もシミュレーションしながら、長く幸せな結婚生活が送れそうな相手を選ぶように心がけましょう。

恋人と充実したプライベートを過ごすと何がいいのか

楽しい事はストレスを解消してくれる

恋人と充実したプライベートを過ごすことには、たくさんのメリットがあります。特に、普段の生活や仕事で慢性的なストレスを感じていたり、慢性疲労を感じている人なら、恋人と一緒に充実した時間を過ごすことによって、疲れやストレスをスッキリ解消することができます。
人間の体は疲れたりストレスを感じると、活性酸素が大量に分泌されてしまいます。
それを解消する方法には、睡眠とか趣味とか運動などいろいろな方法があるわけですが、恋人と充実したプライベートを過ごすことは、どんなストレス解消法よりも大きな抗酸化作用が期待できるのです。
仕事でストレスまみれになっている人でも、恋人と充実した時間を過ごした後には、仕事もリフレッシュしてやる気満々になれるのはそのためなのです。

きずなが深まる

人間は、一緒に過ごした時間が長い人ほど、自分にとって近い存在だと感じることができます。子供の頃から一緒に過ごしている家族は、その究極の例といえます。
恋人と一緒に過ごすことによって、その人との距離感がグッと縮まりますし、同じ時間を過ごす中で相手の性格や人柄などが良く分かってくることもあるでしょう。
交際期間が長くてもあまり頻繁に会えないカップルよりも、交際期間が短くても頻繁にデートをして充実したプライベートを過ごしているカップルの方が、男女としての絆は深くなることが多いようです。

意外な発見ができることも

恋人と充実したプライベートを過ごすということは、恋人と同じ時間を一緒に過ごすということです。恋人は生まれ育った環境が違う他人ですから、基本的な考え方や価値観が自分とは異なっていても珍しいことではありません。
デートし始めたばかりの頃にはお互いに気を遣いますし遠慮もしているので、なかなか本当の自分を見せることはありませんし、相手の本当の姿を見ることもできません。しかし、交際が進むにつれてお互いがリラックスしてくれば、相手の本当の姿を見ることができたり、自分もリラックスして本当の自分を見せることもできるようになります。
そんな関係の中で意外な発見ができることもあり、恋人との関係もさらに濃いものにすることができそうです。

結婚している夫婦との違い

結婚している夫婦では、生活を共にしているのでどうしても新鮮さが欠けてしまうものです。しかし恋人の場合には、充実した時間を過ごした後にはそれぞれが自分の家に帰りますから、常に新鮮さを保つことができそうですね。

ネット婚活ランキング

第1位 pairs(ペアーズ)

累計会員数65万人を突破し、今やダントツの人気を誇る婚活サイトに。マッチング実績も高いので初めてネット婚活を利用する人にオススメです。Facebookのアプリなのでアカウントを持っていることが前提となりますが顔写真の掲載率も高く、20〜30代の若者に特に人気が集中し利用されています。

第2位 youbride(ユーブライド)

20〜40代の利用者が多く、職業も幅広いところが特徴的。無料で会員登録をすると活動している登録者をチェックできるので、まずはどんな人がいるか見てみるのもOK。気に入った人がいればそこから婚活をはじめてみるのもいいですね。

第3位 ゼクシィ縁結び

大手企業リクルートが運営しているゼクシィだから信頼できるという口コミも多数あり、特に女性からの人気が高め。価値観診断というマッチング機能で異性をピックアップしてくれたり、お互いが気に入ったら「お見合いコンシェルジュ」と呼ばれるスタッフが日程調整・待ち合わせ場所調整など、二人の間に入ってデートの調整をしてくれる嬉しいサービスも充実しています。

第4位 Facebook婚活 Prologue(プロローグ)

Facebook婚活の新しい選択肢として誕生したプロローグ。タイムラインにはプロローグに関することは一切自動投稿されず、かつ、Facebook内の友達とは婚活サイトでは出会わないようになっています。モニター会員で月額105円から始められます。

第5位 マッチ・ドットコム

世界中で1500万人以上の会員を誇るグローバル規模の婚活サイトです。他のネット婚活と大きく異なる特徴として、外国人との出会いも大いに期待できます。メディアにも多数掲載され、日々、専門スタッフが監視し、不審な会員は捜査の上強制退会になるという点からサクラもいないとされています。無料会員として利用できるサービスがあるのでお試ししてみるのもアリですね。